【時間制限】30代妊娠、出産の現実

2023年10月16日

こんにちは、ヒロさんです。

あなたはの子どもの妊娠、出産について
「男性にも加齢による影響がある」
という学説をご存じですか?

あなたの砂時計の砂は
今も落ち続けていて

精子の質、量が劣化し
自然妊娠が難しいかもしれない現実を。

今回のテーマは
『30代の妊娠、出産』
についての
時間制限の現実です。

この記事でわかること

30代の女性、男性が
妊娠、出産で抱える現実

データで客観視することができます。

30歳、35歳、40歳…

年を取ることで
女性の妊娠率、流産率がどう変わるか
女性の出産リスクがどう変わるか
男性の精子の量と質がどう変わるか

がわかります。

あなたが

男は年を取っても子どもはできてる
 結婚は40歳くらいでもいいかな…」

と考えているとしたら
そんなあなたへの警報2回目です。

「子どもできればいいな」

という場合は必ず読んでほしいし

「おれ、子どもは考えていないし」

という場合も
一度だけでいいので
読んで
ほしいです。

30代の妊娠と出産の現実というテーマを
なぜ婚活開始『前』に取り上げるのか

子どもが欲しいなら
タイムリミットがある
からです。

女性にも、男性にも

今回の記事で
子どもが欲しい場合は
男性も若い方がいい
とわかります。

ということは
結婚、婚活スタートも
早い方がいい
ということ。

逆にこれを知らないと
婚活のスタートが遅くなるので
結婚も遅くなりますから

自然妊娠が難しくなって
不妊に悩む可能性が高くなります。

ーーー

婚活すると決めた私が
次にしたこと

結婚相手の女性はどんな人がいいのか
条件を絞り込むことです。

条件のひとつは
「子どもが欲しい、できれば欲しい」
という女性であることでした。

「俺は38歳だし
 結婚してくれる女性は
 若くても33歳までかな。

 その女性が結婚する頃は34、5歳。
 出産は順調にいって35、6歳か。」

「子どもは授かりものだから」
と口では言いながら
結婚するなら子どもを持つのが当たり前
というのが正直な私の気持ちでした。

婚活に必要な知識を
脳みそにインストールするために
師匠のブログを読んでメモしているとき
ある記事のタイトルが目にとまりました。

『30代の妊娠と出産の現実』

軽い気持ちでタイトルをクリックして
記事を読みました。

が、かなり重い内容でした。

私がこの現実のデータを
まのあたりにしたのは
このときが初めてでした。

元記事はもうないので
師匠のブログに書いてあった内容を
思い出しながら要点をカンタンに書くと
次のような感じです。

1、35歳を超えた女性に出産を求めるのは
精神面、肉体面の負担が大きいことを
あなたは知っていますか?

結論から言うと、女性が年を取るほど

子どもができにくい
子どもが障害を持つ確率が上がる
出産する女性の病気率、死亡率が上がる

数字が多くて申し訳ないのですが
敢えてデータを紹介します。

傾向を
ザっとつかんでもらえればいいです。

年齢は女性の年齢です。

※1)月経一周期あたりの妊娠率

25歳 25~30%
35歳 18%
40歳  5%

「減ってるな」

※2)流産率

30歳 16.1%
35歳 19.6%
39歳 28.7%

「増えてるな」

※3)子どもの染色体異常発生率
(ダウン症等)

30歳 0.26%
35歳 0.52%
39歳 1.20%

「増えてるな」

※4)妊婦高血圧症候群の発症頻度
(グラフ目測)

30歳 3.2%
35歳 4.1%
39歳 5.4%

「増えてるな」

※5)妊産婦死亡率(件数/出産10万)

30歳  3.3件
35歳  6.6件
39歳 13.7件

「増えてるな」

35歳を超える初産は
リスクが上がるので高齢出産と呼ばれます。

生物学的に
女性は10代後半〜30代前半が

妊娠しやすく、母体に負担は少なく
子どもの染色体異常の率が低い
ことが
データで出ているんです。

2、男性は年を取っても子どもができると
思っていませんか?

今では不妊の原因は
男女半々
と言われています。

年を取ると男性の精子の数、質が低下する
という学説があります。(※6)

30代と50代で比較すると
精液量     3~22%低下
精子運動率   3~37%低下
精子正常形態率 4~18%低下

個人差は大きいですけれども。

妊娠は
男性の精子と女性の卵子が
結合して成立します。

女性の膣内で射精された精子が
膣から子宮内へ、卵管へと旅をし
卵子と結合して受精卵ができます。

その旅はかなりハードで
射精した1億の精子のうち
卵子まで生き残れる精子は
100個未満
といわれています。

先ほどの学説を借りると
男性も年を取るほど
正常な精子が減り
運動率も下がるのですから

その旅の終着点にたどり着く
精子が減るのはほぼ100%


自然妊娠の確率が下がるのは
自明の理でしょう。

3,子どもができることが
当たり前と思っていませんか?

自然妊娠しくい場合でも
不妊治療をしたら
子どもができると思っていませんか

これが不妊治療で
出産に至った割合
です。(※7)

年齢は女性の年齢です。

34歳以下  30~70%
35~39歳 20~46%
40歳以上  10%程度

ここでも残酷な現実が見えます。

女性の年齢によって
不妊治療で出産に至る割合が
グッと減るんです。

助成金制度ができたとはいえ
人工受精、体外受精には
1回数万~数十万円という
多額の費用
がかかります。

治療回数を増やすほど
出産率は上がりますが
10回くらいの回数でも
紹介したくらいの確率です。

私は師匠のブログの記事を読んで
「今より真剣に考えよう」
と思いました。

考え直した結果がこちらです。

「子どもは授かりたいけど絶対ではない
 妊活してできなかったときには
 夫婦ふたりで楽しく過ごせればいい。
 ふたりで合意できれば養子もいい」

パートナーと幸せに過ごせることが最優先

妊娠、出産でふたりが苦しむくらいなら
子どもはいなくても幸せを考えられる
そんな夫婦になろう、と。

ーーー

まとめ。妊娠、出産は女性だけでなく
男性も若い方が有利

男は年を取っても子どもはできてる
 結婚は40歳くらいでもいいかな」

という考えはやめた方がいをいです。

子どもが欲しいなら
自然妊娠の確率を上げるなら
男性も若い方がいいんです。

後になるほど手に入る可能性が低くなる

初産はできれば
女性が35歳までがいい
んです。

逆算して考えると
妊娠から出産が約10か月
出会いから結婚までが最短で1年6か月。

女性が32歳の時に出会えば
ギリギリ35歳までの初産に間に合います。

じゃあ
32歳の女性が結婚したい
男性の年齢ゾーンは?

結論を言うと
29~37歳というところ。

もしあなたが37歳であれば
32歳女性との結婚は
ギリギリのタイミングです。

「相手の女性が35歳以上なら
 子どもは諦めた方がいいのか?」

非常にデリケートな質問が
ここでありそうです。

男性女性共に子どもが欲しいなら
諦めなくてもいいと思います。

ここまででお話した
不妊、出産リスクを承知の上で

男性は女性に
こころも身体も寄り添って

一緒に妊活してください。

具体的には

産院への通院もふたりで行き 
 医師の話を一緒にしっかり聞く
男性は嫁さんの悩み、想いをしっかり聴く

夫婦で妊活の知識、想いを共有しましょう。

そうしないと
最悪夫婦が崩壊するきっかけに
なりかねないです。

私のうちも、何も問題なく
子どもが生まれたわけではない
です。

結婚時
私は40歳、嫁さんは31歳。

普通にセックスしていましたが
結婚後1年たっても子どもができない
いわゆる不妊症でした。

妊活中には
嫁さんが私の前でポロポロ涙をこぼしたこと

私の精液検査の結果
「自然妊娠は難しい」
と言われ
茫然と立ち尽くした出来事もありました。

私の周りでも不妊治療が
大変だったという話は
たまに聞きます。

まだ結婚もしていないのに
妊活はイメージしにくいでしょう。

私もここまで深くは
婚活開始時に考えてませんでしたし。

今の段階では

「妊娠、出産は女性だけの仕事じゃない」
男性が女性に、子どもにできる役割は
 たくさんある
んだ」

とお話だけしておきます。

これ以上詳細を学ぶのは今じゃないです。

結婚後の妊活前に学びましょう。

今回の記事で
男女ともに若い方が自然妊娠しやすい
あなたは知る事ができました。

私は知ったとき38歳でした。

もしかしたらあなたも
私と同じくらいの年齢かもしれませんね。

でも今が一番若い日ですから
一番確率が高い日と言えます。

5年後、10年後に結婚するより
1,2年後に結婚した方が
子どもを授かりやすい
ことが分かりました。

あなたが子どもを望むなら
早く婚活をスタートすれば
あなたの隣で可愛く寝息を立てる
子どもがいる10年後
があるかもしれません。

【ワーク】
あなたは子どもが欲しいのか、感じる

今回は
子どもが欲しいなら
 婚活スタートは若い方がいい

ということを知ってもらえばいい回です。

ワークなしにしようと思ったんですけど
ひとつ思いつきました。

あなたが
「子どもが欲しい!」
のならワークをしなくていい
です。

「子どもが欲しい」場合は
ここをクリックして飛ばす!

「子どもが欲しいかどうかわからない」
「子どもは望まない」

なら、ワークをやってみて
ください。

30年後
「子どもがいた方がよかったかな…」
と後悔することにならないか
がわかるワーク
です。

子どもが欲しいか、欲しくないか
あなたの感情を
ここで一度確認しましょう。

子どもがいた方が
あなたは幸せを感じるのか

他人や世間の考えは関係ありません。

子育て費用とか
「俺にちゃんと子育てできるか?」とか
今は考えなくていいです。

それは欲しいと感じた後で
ちゃんと考えることだから
今ではありません。

結果として
あなたが子どもを持たない選択をしても
構わないと思います。

ひとりひとり事情が違いますから。

でも、あなたが高齢になって
「子どもがいればもっと幸せだったのかな…」
と悔やまないようにするために
今感じる時間を作ってください。

5分以内で終わります。

ステップ1

下の動画(30秒)をYoutubeで観てください。

ただボーっと見るのではなくて

この写真を撮影しているのは『あなた』
写真の中のお父さんは『あなた』
被写体は『あなたの家族』
だと想像して観る。

このワンシーンに『あなたがいる』と
仮定し想像して観てください

【明治安田生命2021年企業CM 「しあわせなとき」篇】

ステップ2

何回かリピート再生しながら感じてください。

「いいな」     「うらやましい」
「幸せそうだな」 「胸があったかいな」

という感情があなたの胸に
湧きあがるか
どうか
考えるのではなく、『感じて』ください。

ステップ3

「いいな」と感じたあなたは
子どもを持つことを
選択肢に入れた方がいい
でしょう。

必須じゃなくて
「できればいいな」でいいです。

子育て費用や子育てについては
別の機会に話します。

これを観て想像して
心があったかくなるなら
あなたが家庭というつながりを
求めているのではないでしょうか。

いいことばかりじゃなくて
大変なこと、苦労もありますけど

結婚して家庭をもってがんばれば
あなたが登場人物となって
こういう未来が手に入ります。

そういう感情がほぼ湧かなかったあなたは
子どもを持つことが必ずしも
あなたの幸せに繋がらないかもしれません。

現段階では「私は子どもを望まない」
という結論でいい
と思います。

ーーー【ワーク】完了!ーーー

総括。30代男性の婚活の現実

30代男性の婚活のリアル
今回で最終回です。

ここまででお話ししたことをまとめると
以下の通りです。

学ぶ前

まだ動かなくていいんじゃないの?
晩婚化、50歳時未婚率上昇中だし。

恋愛経験なし、童貞でも結婚できる?

男は年を取っても子どもはできるから
後でもいいんじゃない?

⬇️

学ぶ+ワークの後

男性も30代で結婚するなら
若い方が5年後結婚率は高い。

29歳女性の51.6%
36歳女性の75.1%が
結婚を経験。

結婚していない女性は
ドンドン減っていく

未婚者で恋愛経験ない人は4割もいる。
気にして負い目に感じる必要はない
今から行動して経験を積めばいいだけ

妊娠・出産は女性だけじゃなく
男性も若い方がいい。

「行動すれば結婚できる」
ことは今回までで分かったので

次回から
幸せな結婚生活を送るための婚活のススメ方
について具体的な話をスタートします。

最短で幸せな結婚生活に
たどり着くためのロードマップ

をお話しします。

楽しみにしておいてください。

最後まで読んでくださって
ありがとうございました。

ではまた。

ヒロさん

追伸

うちの嫁さんと交際中に
妊娠・出産の現実を
学校で習ったか聞いたところ

「学校では習わなかったよ。
 何処かで聞いたことあるような
 内容もあったけど
 詳しくは知らなかった」

と言ってました。

これ、中高生の時に
男女ともに教えた方がいいよ、マジで。

子ども欲しいな、って思ったときに
これを知って40歳過ぎてたらどうするの?

少子化そりゃ止まらんて…。

ご感想のメッセージはこちらへ

使用データの出典とリンク

(※1:M.Sara Rosenthal.The Fertility Sourcebook.Third Edition よりデータ引用)

(※2:日本産科婦人科学会 ARTデータガイドブック2020よりデータ引用)
https://www.jsog.or.jp/activity/art/2020_ARTdata.pdf

(※3,4,5,7:厚生労働省 
「不妊治療に悩む方への特定治療支援事業等の在り方に関する検討会」報告書
関係資料3よりデータ引用)
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000016911.html

(※6:日本生殖医学会ホームページより引用)
http://www.jsrm.or.jp/public/funinsho_qa25.html


無料で『電子書籍』をプレゼント中!


私は38歳の時、
会社上司からお見合い相手を紹介され
それをきっかけに婚活を始めました。

それまでの私は

女性との交際経験はほとんどゼロ。
 もちろん性交渉の経験はなく、童貞。

職場の「独身男性の会」で最年長。

職場は社員200名程だけど9割が男。

・平日は自宅と職場との往復
 休日もインドア派でほぼ一人で過ごす
 女性との出会いがゼロの日常


夜、自宅の布団で天井を見上げると
「今日誰とも会話してない…」
「ずっとこのまま一人かな…」
「今日笑ったっけ…」

生きている充実感が仕事以外ほぼゼロ

これが一生このまま続くと思うと
「いやだ」
の一択でした。

そこで、
「老後に結婚せずに後悔するより
 結婚して後悔した方が良い」
と決断し、

女性との交際経験ほぼゼロの状態から
結婚相談所で婚活をスタート
しました。


目標は
幸せな結婚生活を送ることができる
 理想の結婚相手と出会い、交際し、
 結婚すること」


恋愛の師匠の婚活メソッドを基本に
交際の進め方、会話術、スキンシップ法
などを地道に学びながら
30人以上の女性と出会い、
実践を重ねた結果
婚活スタート1年後
理想とする9歳年下の女性と出会い
その後結婚する事が出来ました。


自己紹介で
「他の婚活本は一切読む必要がなくなる
というコンセプトで書いていきます」

「隠している本音、恥ずかしい話も交えて
個人情報は守りつつ生々しく書いています」

とお話ししましたが、
ブログは公開の場なので
正直なところ話しにくいこともあります。

メルマガではもっと具体的な
生々しい内容
を話しています。

情報量、具体性、生々しさは
メルマガ>>>ブログ

です。

メルマガ読者さん限定の
動画セミナーもあります。

数秒で終わりますので
ぜひこちらから登録してみてください。

-1,婚活前の前提知識